2013年08月11日

AKB48 “卒業” する板野友美のデビュー当時の映像が生放送された! 視聴者からは 「整形」「放送禁止」「整形してかわいくなった」 の声

27.PNG
今月27日に行われる劇場公演でAKB48を卒業する
板野友美が9日、『ミュージックステーション』に
生出演した。




AKB48として最後の出演ということもあって、デビュー当時の映像なども放送された。
その映像を見た視聴者から「整形」「放送禁止」などの声が多くあがっている。

9日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では卒業する板野友美のために、
“卒業SPメドレー”と題して「大声ダイヤモンド」や新曲の「恋するフォーチュンクッキー」
さらにはインディーズデビュー曲の「桜の花びらたち」を披露。

そして、テレビ初披露となる自身の卒業ソング「最後のドア」を熱唱した。

番組では板野の卒業を記念して、デビュー当時からこれまでを振り返る映像が流れた。

デビュー前や、デビュー直後のお宝映像も放送されたのだが、14歳頃であろうか、当時の
映像を見た視聴者から「顔かわりすぎ」「放送禁止」「整形がバレる」などのコメントが寄せ
られている。

板野には以前から“整形疑惑”が囁かれていた。

「Mステは凄い。タブーと言われてた板野の初期の映像を流した」などの声もある。

さらには「整形してかわいくなったほうが、何もしないブスよりマシ」「元の顔もブスではない」
など板野を擁護する意見も見られた。





| アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。